熟年離婚事情 離婚相談・横浜関内サロン-岡野あつこの離婚相談救急隊 横浜関内

熟年離婚事情

最近「熟年離婚」が増加しています。
厚生労働省の人口動態統計を見てみると、結婚20年以上を経た夫婦の離婚件数は

1980年 約1万 880件
1995年 約3万1800件
2003年 約4万5000件

と、 30年前に比べると、4倍近い数字になっています。
熟年離婚は殆どが女性側からです。
男性としては、定年退職をしてこれから老後について考えている時に、
離婚を迫られる訳ですから、衝撃だと思います。
なぜ熟年離婚してしまうのでしょうか。
長い夫婦生活の中でのちょっとした摩擦が長年積み重なると、顔を見るのもいや、同じ空間にいたくないとなってしまうようです。
また子供も独立して自分の時間が出来た時に「自分はこのまま旦那と一緒にいる人生でいいのだろうか」となってしまう訳です。
私たちは多くの熟年離婚相談を受けてきました。

その中で、多いのが女性が私は耐えてきたという思いが非常に強いことです。私たちは、そうですね、離婚しましょうと勧めることはいたしません。
修復できる可能性ももちろんありますし、離婚に伴う辛さは計り知れないものがあるからです。
離婚をやむを得なくする場合も、経済面や生活面についてしっかり考えるべきです。
なんとかやっていけるだろうという気持ちでは、離婚後もっと辛い思いをすることになります。
修復を目指すにせよ、離婚するにせよまずはしっかりと考える機会を作ってこれからの人生をイメージしましょう。

ページ上部へ戻る

離婚相談カウンセラーになるには