離婚に直面している方へ 離婚相談・横浜関内サロン-岡野あつこの離婚相談救急隊 横浜関内

離婚に直面している方へ


結婚前は愛し合い、永遠を誓いあった夫婦でも、
些細なことで相手のことが嫌になったり、
長い夫婦生活でマンネリ化することにより、
誰もが一度は離婚を考えると思います。

喧嘩などをすると、感情的になり「離婚する!」と思ったとしても、
数日たてばすぐに何もなかったように、忘れてしまうことが多くあります。
結婚をすれば、恋人から家族へと感覚が変わっていく為、
とても恋人時代にはなかったような、他人には言えないようなことを言い合ったり、
八つ当たりをしたりされたり。時に甘えや厳しさも、家族だからこそ出てきます。

トラブルが起きたとしても、それが許容範囲内にあればもとの鞘に納まるのが夫婦というものです。
それでも中には、お互いに本当は離婚をしたいわけではないのに、感情的になり、
もつれた糸が戻らなくなったまま離婚してしまっているケースもあります。
客観的にみると、相手や相談者自身のわがままや勢いというのが多く、
そういった勢いに任せて離婚をしてしまうのは、余りにも早急です。


感情的にもつれてしまい、周囲の客観的な人間から見れば、
本当はお互いに離婚したくないはずなのに、
感情的にもつれてしまっているケースもあり、
相手や相談者自身のわがままや勢いで離婚をしてしまうのは、
余りにも早急すぎる為、残念でなりません。

離婚を決断するにしろとどまるにしろ、自分の人生ですので、
どちらを決めるかはあなた自身ですが、後悔しないためには、
自分の気持ちに正直に、離婚と真直ぐに向き合うことが大切です。

なかには、暴力などにより、相談者やお子さんが危ない立場にあり、
離婚をしなければ命の保証さえ危ういというケースもあります。
他にも、子供の為、世間体や親を心配させたくない為、経済的に無理がある為など、
様々な理由により離婚をとどまっている人もいます。
夫のDVや暴言などにより、肉体的・精神的にダメージが大きすぎる事態に陥り、
誰にも相談できず、たった一人で耐えていたりなど。
無責任に離婚を思い留まらせたり、離婚をすすめたりすることはしませんが、

たった一つ、アドバイスを送るとすれば
「あなたはご自身の「離婚」と真剣に向き合っていますか」ということ。

自分の気持ちに素直に正直になり、
決して後悔することのないよう逃げたり諦めたりせず、最善の努力をしてほしい。
一番良い方法は、離婚を決断するにしろ留まるにしろ、あなたが後悔しないのであれば、それが一番良い方法です。
もし、客観的な意見や、離婚に関する正確な情報や知識を得たい、
冷静に考えたいという時に、私共の力添えが少しでも出来ればと思っております。

横浜サロンでは特に、岡野あつこの修復・離婚のサポートをベースにしたカウンセリングはもちろんのこと、
そこに「心理カウンセラー」的要素を含んでいるところが大きな特徴です。

ページ上部へ戻る

離婚相談カウンセラーになるには